ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2020.03.04 Wednesday

★鈴鹿選手権開幕戦★YAMAHA−SSクラスに参戦しました❗

いつも読んでくださっている皆様

更新が出来ておらず申し訳ありません😖

 

2020年は✨TAKAGI PLANNING✨ から

ートレースに参戦させていただきます😊

 

今回は鈴鹿選手権開幕戦のご報告です🏁

 

約1年振りに出場した鈴鹿でのレースはブランクを感じる場面も多く

苦しいレースウィークとなりましたが昨年SRS  formulachallengeなどで

学んだ事を活かして強さを見せれる場面もあったので

全日本選手権の前哨戦戦としては良いレースになりました😊

 

 

ー結果 報告ー

2月23日  晴れ

エントリー台数 53台

タイムトライアル⏰グループ17位

予選🔥グループ12位

決勝🏁総合21位スタート 18位finish

 

全日本選手権の前哨戦という事でエントリー台数はなんと53台!

予選落ちが19台もいるという超激戦なレースとなりました。

 

 

 

 

★金曜日練習★

走行枠は6枠ありましたがレース前日の土曜日が雨予報☔だったので

この日にセッティングの方向性やエンジンを決める必要があった為

朝から最後のヒートまで色々な事を試しながら走りました✨🚗💨

以前と比べると車の動きの違いを感じる力が付いてメカニック👨🔧にも

自分の言葉で車の動きを伝えられるようになりました🗣✨

 

 

 

★土曜日練習★

レース前日は4枠ありましたが天気予報が当たり午後からは雨☔だったので午前中の

2枠だけの走行となりました。(日曜は晴れ予報なので)

トップとは少しタイム差がありましたが改善しなければいけない所がまだ

沢山あったので私自身が改善していく事が出来れば届かないタイムでは無いなと

思いました。

 

 

★タイムトライアル★

フリー走行5分+公式予選5分の合計10分で行われ

公式予選5分間の間にいちばん速いタイムを出したドライバーが

ポールポジションを獲得します🏆

グリーンフラッグが振られた瞬間にすぐ走り出しましたが場所取りを

ミスしてしまい自己ベストタイムを出せずに17位でタイムトライアルを終えました😭

決勝にストレートでいけるのは各グループ14位以内なので凄く焦りました😓

 

 

 

★予選★

スタートでクラッシュをしてしまうと予選通過は本当に厳しくなってしまうので

周りの動きを見る事を1番意識して走りました。

しっかり考えながら走る事が出来たので2コーナーを立ち上がった時点で11位辺りまで上がりました。

ペースも良かったので前の集団に追いつきましたが抜いた後バトルに持ち込まれ前を逃してしまいました。

終盤には後続車も追いついてきてバランスを崩した時に2台に抜かれてしまい13位でした。

予選終了後前のドライバーがペナルティーを受けた為正式結果は12位に上がり

決勝は総合21位スタートとなりました。

 

 

★決勝★

予選同様にスタートで順位を上げたかったのですが

スタート直前の最終コーナー立ち上がりで失速してしまい

大きく出遅れてしまいました😖😖

かなり焦りましたが気持ちを落ち着かせて追い上げ

18位でチェッカーを受けました🏁

 

★総評★

昨年は開幕戦以降カートレースには出る事が出来なかったので

まずは出場出来て凄く嬉しかったです😁

又、1週間前練習から苦しいレースでしたが1つ1つ改善しながら以前よりも

しっかり取り組む事が出来たと思っています。

 

次戦は3月15日に開催される全日本選手権開幕戦 鈴鹿大会です❗🔥

ポイント制なので今回よりも、もっと結果を重視しながら走り、

結果を残せるように頑張ります🔥🔥🔥

 

 

2019.12.29 Sunday

SRSを卒業しました!

2019年12月23日

 

SRSを卒業しました⭐

 

 

鈴鹿サーキットレーシングスクール

私が受講したのはformula callengeクラスです。

 

午前中はカート

午後はフォーミュラの練習

 

 

 

とても贅沢なスケジュールですが

走行の感覚を切り替えるのに苦労しました😅

 

 

佐藤琢磨プリンシパルのもと

スーパーフォーミュラ無限チームの監督中野信治さん

GTドライバー大津弘樹さん

F3ドライバー大湯都史樹さん 

ほかカートチームの監督やメカニックを務めている講師の方々にご指導いただきました😆

 

 

スクールではヒントを教えてもらえても

答えは教えてもらえないので

ひたすら悩み続けました😓

 

自分の走りというものに気づけたのは

最後の最後でした。

 

 

スクール中は

まだあるから…

次のスクールでは…

など甘い考えがあり…

 

いざ卒業

今日が最後という状態で

どれだけ素晴らしい環境で学ぶ事が出来ていたのかという事をすごく感じました。

 

 

1年間一緒に学んだ仲間は

全日本選手権でシリーズチャンピオンと第2位獲得

鈴鹿選手権でもシリーズチャンピオンと第2位と第3位獲得

表彰台はSRSメンバーが独占していました😄

 

 

スクールが始まってすぐの時はスクール生から

女が私一人だから

話し合いに入れてもらえなかったり

理不尽な事をされて悩んだ時期もありましたが

朝早くから夜遅くまで一緒に頑張っていると

お互いの事を認め合う事ができて

最後は良きライバルであり仲間になれて

全員が笑顔で卒業できたと思っています。

 

 

今年は前半のレースで怪我をしてしまい

全日本選手権をはじめ全てのレースの出場を断念し

予算的にも厳しくレースから離れ

トレーニングと練習の日々でしたが

 

SRSで素晴らしい講師の方々と

仲間たちと

速さを求めて走り続けたこの1年は

多くの事を学び、

私にとってずっと大切にしたい時間となりました。

 

SRSで学んだ事を忘れず

ドライバーとして

人として成長して

 

これからのレース活動に活かす様に頑張ります💪

 

 

 

 

2019.12.23 Monday

IDEMITSU SUPER 600 RACE ✨ 10時間耐久レース😄

4日目

10時間耐久レース結果報告😄


 

 

 

 

タイ到着後、急遽決まった10時間耐久レースへの参加!

 

スカラシップでの参加で

自分の経験値を上げるには絶好のチャンスですが

一緒に走る先輩方には

初心者🔰で足を引っ張るだけの存在だったと思います😭

ですがそんな私を落ち着かせてくれて

的確なアドバイスしてくださった先輩方に感謝しています✨

 

 

箱車のマニュアルは乗った事が無く😓

今まで練習したフォーミュラーとは違って

シフトは左にあるし💧パターンも違うし💦

不安だらけのスタートでした😅

 

 

 

3クラス混走の79台😵というエントリー台数に加えて

3時間耐久でも使った車だった為

前日の予選を走る事ができず

79番グリッド最後尾からのスタートでした😱

 

 

 

 

3番手の私はスタートドライバーの方が走行を終えて戻ってきた後は

車の状態等たくさん話をしてイメージトレーニングをして走行に臨みました。 

 

 

 

 

走り始めてすぐは

やはりシフト操作で苦戦して

かなり遅いタイムで周回を重ねていました😓

 

3時間耐久で1周毎の積み重ねが後半に響いてくる事を経験していたので

0.1秒でも詰めれるところを探して走り

後半は周りと変わらないくらいのタイムで走れるようになりました👍

 

 

 

今回のレースでは接触やクラッシュが無かった事に加え

ベストタイムは負けていてもアベレージタイムを高いところで保っていたことで

大きく順位を上げる事が出来ました🙌

 

 

 

 

最後の走行では初のナイト走行も経験しました😆

 

 

 

 

 

10時間無事に完走🏁✨

 

 

 

総合で52台抜きの27位!

D4クラス14位!

Lady Ctp 2位!  ✨表彰台✨

 

 

 

 

本当に嬉しかったです😆

 

 

 

 

2つのレースに出場できた為

3時間耐久で感じた改善点をすぐに

10時間耐久で生かす事ができました😊👍

 

また先輩方と走らせてもらえて

考え方、捉え方、伝え方等

乗っていない時の事も沢山学び

今までは  走れる事・チェッカーを受ける事を

当たり前と思っていましたが

この2つを当たり前に思えていたのは

メカニックをはじめ多くの方達からの協力を得ているからこそ

思えていた事だと気付かされました。

 

ただ、負けたくない・応援してくださっている皆様に良い報告がしたい

という気持ちだけではなく

この車を走らせてくれた全ての人の為に

車をつなげたい、チェッカーを受けたい1つでも順位を上げたい

という思いで走りきりました。

 

無事にチェッカーを受けた時に

メカニックさんやチームの皆さんが凄く喜んでくれた姿を見て

‘頑張って良かった‘と思えました☺

 

 

自分の走りがチームメイトの成績にも直結していた事

レース後半に響いてくる事を経験して

もっと自分自身の走りに責任を持たなけれいけないと

強く感じました。

 

ドライバーとして今まで気付けなかった事に気付けた事は

私にとってすごく大きくて、これから更に努力して

中身のあるドライバーになりたいと

思えたレースになりました。

 

 

Powered by
30days Album
PR